アクイアのデータモデル

Acquia CDPに接続されたデータを最大限に活用します。 Acquia CDPデータモデルは、どのオーディエンス属性やデータソースを取り込んでも、CDP全体で即座に理解できるフォーマットにデータを標準化します。

なぜCDPにはデータモデルが必要なのでしょうか? ROIを最大化するためです。

ローデータを実用的なインテリジェンスに変える

標準化されたデータモデルにより、データに構造を持たせ、タイムリーに利用できる仕様になっています。

CDPデータによるダウンストリームシステムの充実

アクイアのデータモデルにより、どんなダウンストリームシステムでもCDPデータを簡単に取り込み、実用的なインサイトを形成することができます。

アップデート機能をスピーディーに利用可能

現場レベルでのデータ活用に焦点を当て、新しい機能や指標が利用可能になったときに、すぐにアクセスできるようになっています。

将来の変化に備えて

アクイアの現場に特化したデータモデルを通じて、新しいデータソースや属性を導入する際、時間とコストを節約できます。 CDP導入後に各ユーザーを設定する煩わしさを解消します。

必要な顧客インサイトを自動的に得られます

CDPを活用すれば、顧客単位でのインサイトやオーディエンス属性にすぐにアクセスできます。 重要な新機能がアクイアからリリースされた際には、すぐに使い始めることができます。 データの設定は必要ありません。

ビジネスニーズに合わせたデータの設定

データや属性を組み合わせたり変換したりすることで、現在および将来のあらゆるユースケースをサポートします。 アクイア独自の柔軟性により、ビジネスの種類やKPIに関わらず、Acquia CDPから最大限のROIを得ることができます。

CDPについて詳しく見る

データを統合し、エンゲージメントを促進する有意義なインサイトを生成します。 スマートなマーケティングによってお客様との信頼関係を育むことで、より高いROIを実現します。

CDPを詳しく見る

スノーフレークによるデータ共有

プラットフォームを超えたパワー IT部門を介さずとも、Snowflakeのデータを共有して外部のBIシステムと接続できます。 データはすぐにお客様のアカウントでご利用いただけます。 データ変換、データの移動、読み込み、再構築は不要です。

詳細を見る

Get a Closer Look at This Acquia Product

Features that Work