E-Book

ハイコード、ローコード、ノーコード:本当に必要なのは?

何がカバーされていますか?

What's Covered
  • ローコード/ノーコードのアプローチが既存のハイコード開発をどのように補完するか
  • 開発者とマーケティング担当者両方にとってのハイブリッドアプローチのメリット
  • ローコード/ノーコードが必要な場合と、ハイコードが必要な場合
Additional Info
Page Content

多くの企業が、サイト構築やコンテンツ管理にローコード/ノーコードのアプローチを取り入れ、従来のハイコードのアプローチを補完しています。

ローコード/ノーコードは、コンテンツとコードの作業を切り離します。 あらかじめ用意されたテンプレートを使い、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるツールを使えば、マーケターは開発者に頼ることなく、コンテンツやデジタルエクスペリエンスに変更を加えることができます。

ローコード/ノーコードのプラットフォームは、適切な方法で構築されれば、開発者にとっても大きなメリットがあります。単純で時間のかかる作業を彼らの手から離すことができるため、よりクリエイティブな作業に専念することができるのです。

サイト構築におけるこのハイブリッドモデルは、マーケティング担当者と開発者の両方にとって多大なメリットがある方法と言えるでしょう。詳しくはe-bookでご紹介しています。

ダウンロードはこちらより