導入事例

ムースジョー

Image
Tent in a forrest clearing at night
125 %

コンバージョン率の向上

10 %

CPAの低下

9 %

メール経由の収益率の向上

要約

Situation

ムースジョーは、顧客にとってより意味のあるパーソナライズされた体験を創造し、ブランドが顧客のニーズや好みを深く理解していることを顧客に証明したいと考えていました。

Challenge

最も価値のある顧客について、属性に関するインサイトが少なく、複数のタッチポイントからのデータがバラバラになっていため、戦略的なマーケティング意思決定が困難な状況にありました。

Our Solution

Acquia Customer Data Platform

Results

Acquia CDPの高度なアナリティクスに後押しされ、ムースジョーの顧客クラスタリングは、以下のような数々の成功をもたらしました。 

  • メール経由の収益率が9%増加
  • 顧客の獲得コストが10%改善
  • クリック率が41%向上
  • コンバージョン率が125%改善

クライアント

1992年、アウトドアとアスコットを愛する2人のウィルダネスガイドによって設立されたムースジョーは、アウトドアレクリエーション用のアパレルウェアなどをオンラインと実店舗で販売しています。 ムースジョーは11の地域でビジネスを展開しています。 2017年にウォルマートに買収されました。

背景

多くのオンラインショップと同様に、ムースジョーは、サイト体験や集客、配送、カスタマーケアなど、すべてのタッチポイントにおける顧客の行動をよりよく理解し、顧客を深く理解した本物のパーソナライズされた体験を提供したいと考えていました。 しかし、割引率によって買い物客を識別し、セグメント化することは、最適な利益を得ることにつながりませんでした。同社は、クリエイティブとブランド体験に役立つ高度な分析を必要としていました。 ビジネス全体の成長を加速させたいと考えていたムースジョーのデジタルチームは、データドリブンなマーケティングに注力しなければならないと考えていました。 

課題

ムースジョーは、Amazonや他の「最低価格」の小売業者との差別化を図り、真の意味で競合他社に差をつけたいというブランドの思いなど、さまざまな課題に直面していました。 しかし、価値のある収益性の高い顧客の属性に関するインサイトがほとんどなく、戦略的な意思決定が困難でした。 同社の戦略である大幅な値引きは利益率を低下させており、一括してメールを送信する従来のマーケティング戦略は、顧客体験に対するブランドの価値観と一致していませんでした。 

ソリューション

Image
Laptop with Moosejaw website

Acquia Customer Data Platformとの連携により、ムースジョーはオムニチャネルの顧客データと機械学習分析を活用して、ブランドや製品だけではない豊かなペルソナを作成しました。 アルゴリズムが顧客の購買行動のパターンを特定し、数学的に顧客をグループに分類することで、ムースジョーはより簡単かつ効果的に顧客の体験をパーソナライズできるようになりました。 統一された顧客プロファイル(オンライン、店舗、デジタルマーケティングとダイレクトマーケティングのデータの統合)により、ムースジョーは顧客に愛されるブランドパーソナリティに合わせたマーケティング活動を行い、データに裏付けられたユニークで楽しい購買体験を生み出すことができました。 

ムースジョーは、個人のペルソナグループに応じて異なるカスタマイズされたメールを送信しました。 例えば、「スノースポーツのペルソナグループ」に属する人は、「バックパッカー」のペルソナグループに属する人とは異なるメールを受け取ることになり、パーソナライズされた機能、件名、オファー、表示されるブランド、製品の紹介が行われます。 

ムースジョーのデータに基づくインサイトは、販売店に素晴らしい結果をもたらしました。 メール1通あたりの収益が9%増加しただけでなく、顧客獲得コストを10%削減することができました。 さらに、ムースジョーは、大多数(75%)の顧客の購買金額を30%以上引き上げ、コンバージョン率を最大125%、メールのクリック率を最大41%向上させることに成功しました。 ターゲティングの改善により、Eメールの利用が促進され、同社の急成長チャネルの1つであるEメールは、前年比で20~30%の収益増を記録しました。

アクイアのサービスをもっとよく知る